メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

繁殖

体重2トンの大型恐竜も抱卵か 名古屋大など発表

オビラプトロサウルス類(小型種)の巣の化石=名古屋大提供

 体重約2トンの巨大恐竜でも抱卵し営巣していた可能性があることが分かったと、名古屋大などの研究チームが英科学誌の電子版に発表した。鳥類に近いオビラプトロサウルス類の卵や巣の化石を調べた成果で、卵を壊さないようドーナツ状に配置するなど工夫していたという。

 この恐竜は白亜紀後期(1億~6600万年前)に栄え、雑食で羽毛があり、体重約250キロ以下の小型種から約2トンの大型種まで存在。巨大恐竜は自らの重さで卵を押しつぶしてしまうため抱卵で…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  4. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  5. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]