メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

繁殖

体重2トンの大型恐竜も抱卵か 名古屋大など発表

オビラプトロサウルス類(小型種)の巣の化石=名古屋大提供

 体重約2トンの巨大恐竜でも抱卵し営巣していた可能性があることが分かったと、名古屋大などの研究チームが英科学誌の電子版に発表した。鳥類に近いオビラプトロサウルス類の卵や巣の化石を調べた成果で、卵を壊さないようドーナツ状に配置するなど工夫していたという。

 この恐竜は白亜紀後期(1億~6600万年前)に栄え、雑食で羽毛があり、体重約250キロ以下の小型種から約2トンの大型種まで存在。巨大恐竜は自らの重さで卵を押しつぶしてしまうため抱卵で…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです