メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
大阪都構想

住民投票から3年 当時の熱気感じられず

反対が賛成を上回った大阪都構想の住民投票。投票所前で都構想への反対と賛成を訴える人たち=大阪市阿倍野区で2015年5月17日午後1時9分、梅田麻衣子撮影

 大阪市民を賛否で二分した「大阪都構想」の住民投票から17日で3年を迎えた。市をなくし、特別区に再編する構想の議論は今も続くが、当時の熱気は感じられない。再始動した大阪の将来像を巡る市民の動きを追った。

 「地下鉄のトイレもきれいになった。この変化を止めるわけにはいかない」。今月10日、大阪市内で開かれた「都構想ウオーク」。50~60代の市民ら12人が構想実現を訴えるビラを手に市内を約5時間かけて練り歩いた。

 大阪維新の会を支持する大阪府茨木市の柳生君子さん(50)が今年1月からツイッターで呼び掛け、この日…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1140文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]