メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

住民投票から3年 当時の熱気感じられず

反対が賛成を上回った大阪都構想の住民投票。投票所前で都構想への反対と賛成を訴える人たち=大阪市阿倍野区で2015年5月17日午後1時9分、梅田麻衣子撮影

 大阪市民を賛否で二分した「大阪都構想」の住民投票から17日で3年を迎えた。市をなくし、特別区に再編する構想の議論は今も続くが、当時の熱気は感じられない。再始動した大阪の将来像を巡る市民の動きを追った。

 「地下鉄のトイレもきれいになった。この変化を止めるわけにはいかない」。今月10日、大阪市内で開かれた「都構想ウオーク」。50~60代の市民ら12人が構想実現を訴えるビラを手に市内を約5時間かけて練り歩いた。

 大阪維新の会を支持する大阪府茨木市の柳生君子さん(50)が今年1月からツイッターで呼び掛け、この日…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1140文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  4. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  5. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]