メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
強制わいせつ容疑

26歳消防士を逮捕 山梨県警

 女性に抱きつくなどしたとして山梨県警甲府署は17日、甲府市の消防士、辻輝竜容疑者(26)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は16日午後11時25分ごろ、同市砂田町の市道で、歩いていた20代女性に後ろから近づき、抱きついて上半身を触るなどしたとしている。

 付近をパトロールしていた署員が女性の叫び声に気付き、辻容疑者を取り押さえた。周辺では同様の被害が相次ぎ、警戒を強化していたという。

 辻容疑者が所属していた甲府地区消防本部は「重大な事態と受け止めている。再発防止を徹底していきたい」とコメントした。【井川諒太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]