アメフット

日大回答は「疑念を解消できず」 関学大会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アメリカンフットボールの日大-関西学院大の定期戦(6日、東京)で日大守備選手が反則タックルをして関学大QBを負傷させた問題で、関学大の鳥内秀晃監督らが17日、兵庫県西宮市の大学施設で記者会見した。反則行為への見解と謝罪を求める抗議文(10日付)に対する日大の回答に対するもので、「疑問、疑念を解消できておらず、誠意のある回答とは判断しかねる」との見解を表明し、日大側の24日までの再回答を踏まえて対応を検討する方針を示した。

 日大の回答は「意図的な乱暴行為を行うことなどを選手へ教えることはない。指導方針は『厳しさ』を求めるものだが、選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」と指導者の指示を否定。内田正人監督が試合後に「これが僕のやり方」などと発言したことには「反則行為を容認すると受け取られかねないもので、撤回する」とした。日大は事実関係の確認作業などを進め、24日をめどに改めて回答するとしている。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1058文字)

あわせて読みたい

注目の特集