メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP年0.6%減

野菜高、消費に影響 1~3月期

冬場には高値が続いた野菜売り場=東京都練馬区のスーパー、生鮮市場アキダイ関町本店で2018年5月15日午前11時、藤渕志保撮影

 内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で0.6%減となり、9四半期(2年3カ月)ぶりのマイナスに沈んだ。天候不順を背景にした個人消費の落ち込みが主因で、内需が依然として弱含みなことが浮き彫りとなった。「景気の足踏みは一時的」(アナリスト)との見方は多いものの、4月以降も食品値上げや原油高が消費者心理に暗い影を落としており、景気の先行きには不透明感が漂っている。【大久保渉、藤渕志保】

 「野菜の値上がりで食費が増えたので、ここ数カ月は外食を一切なくした。夫の趣味のゴルフや美術展巡りも…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです