メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エネ基本計画改定案

原発比率20~22%維持

電源構成の推移と計画

 経済産業省は16日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会(会長・坂根正弘コマツ相談役)で、国のエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の改定案をとりまとめた。再生可能エネルギーを「主力電源化」する方針を新たに打ち出す一方で、原発については「重要なベースロード電源」としつつも「依存度は可能な限り低減していく」とする従来の方針を維持。2030年度時点の発電電力量に占める原発の比率を20~22%とする目標は据え置いた。

 計画の見直しは4年ぶり。近く改定案に対する意見を募集し、今夏に閣議決定する。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文755文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 国交省 北海道高速乗り放題へ ETC車、定額で2~3日
  3. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  4. 秋季例祭 迫力、最高潮! 姫路各地で本宮 力結集、けんか祭り 松原八幡神社/毛獅子、魅了の舞 大塩天満宮 /兵庫
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです