メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮

米韓、虚突かれ当惑 会談中止示唆で

 【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】米韓両軍の定例共同訓練などを非難し米朝首脳会談取りやめも示唆した北朝鮮の発表に、米韓両国は当惑している。虚を突かれた形のトランプ米政権は、国家安全保障会議(NSC)や国防総省の担当者会合を招集するなど真意の確認を急いでいる。同時に米朝首脳会談に向けた準備は継続する構えだ。

 ホワイトハウスは15日、サンダース報道官が声明を発表。「北朝鮮の表明を独自に分析し、同盟国と緊密に…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです