メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習主席

北朝鮮の姿勢評価 友好視察団と会談

 【北京・河津啓介】中国の習近平共産党総書記(国家主席)は16日、北京で、訪中している北朝鮮の朝鮮労働党の友好視察団と会談した。習氏は「朝鮮(北朝鮮)の党と人民が国情に合った発展の道のりを歩むことを支持する」と述べ、後ろ盾として支える意欲を表明。北朝鮮が米朝首脳会談の再考を示唆して米国を揺さぶる中、中朝の緊密な連携ぶりが鮮明になった。

 中国国営新華社通信によると、会談では、視察団を率いる朝鮮労働党の朴泰成(パク・テソン)副委員長が、…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文614文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]