メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カワウミヘビ

沖縄・名護で捕獲の魚、国内で初確認と判明

タブレット端末で飼育中の「カワウミヘビ」の写真を示す新谷隼平さん(右)と父哲也さん=京都市上京区で、大東祐紀撮影

 沖縄県名護市の源河川(げんかがわ)で京都市在住の親子が昨年捕獲した魚が、国内で初確認となるウナギ目ウミヘビ科の「ラムノストマ・ミンドラム」と判明した。沖縄美(ちゅ)ら海(うみ)水族館(沖縄県本部町)を運営する財団が調査し、発表した。世界的にもフィリピンなどで過去5件しか発見例のない魚で、今回が北限記録という。ウミヘビ科の魚類だが、河川で見つかったため財団は和名を「カワウミヘビ」とした。

 京都市左京区の会社員、新谷哲也さん(53)と次男隼平さん(11)が昨年6月、旅行で訪れた源河川で魚捕り中に捕獲。見たことのない姿で、新谷さんは「外来種かもしれず逃がさない方がよい」と判断して持ち帰った。色がハモ、顔はウツボに似ていたことから親子で「ハモウツボ」と名付け、財団に飼育方法などを相談。同年10月ごろに死んだが、未確認種の可能性があることが分かり、魚を財団に提供していた。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです