メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳癌学会

「予防」切除強く推奨 逆の乳房も発症リスク

 日本乳癌(がん)学会は16日、3年ぶりに改定した診療ガイドラインを公表した。遺伝子変異が原因で乳がんを発症した患者について、がんになっていない側の乳房も再発予防を目的に切除することを「強く推奨する」との見解を示した。推奨の度合いをこれまでの「検討してもよい」から最も高い段階に引き上げた。ただ、予防切除は公的医療保険の対象外で、患者は全額負担が求められる。同学会は保険適用を国に働きかけていくという。

 国内で乳がんは女性に最も多いがんで、年間に推定8万~9万人が発症する。このうち「BRCA1」か「BRCA2」と呼ばれる遺伝子に変異があるために乳がんを発症する人は、5%以上を占めるとされる。

 新たなガイドラインでは、片方の乳房にがんが見つかった患者のうち、遺伝子変異が原因と考えられる場合、がんが見つかっていない側の乳房も発症リスクが高いと指摘。医療機関にカウンセリング体制が整っていることなどを条件に、予防切除することを4段階の推奨度合いで最も高い「強く推奨する」とした。

 同学会によると、英国の疫学調査では、予防切除をした場合の10年後の生存率は89%と、しない場合の71%より高かった。カナダの調査では、予防切除で遺伝子変異が原因の乳がんによる死亡者数を48%減少できるとの結果も出ているという。

 一方、遺伝子変異はみられるものの、がんを発症していない場合の予防切除について、新ガイドラインは推奨度を上から2番目の「弱く推奨する」にとどめた。米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが発症前に切除手術を受けたことが話題になったが、乳がんリスクの低減効果は明らかな一方、生存率を上昇させるデータは確認できていないためという。

 改定に携わった福山市民病院(広島県)乳腺甲状腺外科の池田雅彦医師によると、片方の乳房の切除手術には約150万円がかかるという。池田医師は「遺伝子変異による乳がん患者が予防でもう一方の乳房を切除することは、メリットが上回ると国際的には意見が一致している。ただし、費用面で患者負担が大きい点が課題だ」と話している。【渡辺諒】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]