メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホの広告

注意書き94%が見落とし 「お得」に注意

消費者庁が調査用に作成したページ

 「今なら無料」「特割プラン」など、企業が広告で商品の安さや効果を強調する際に示す注意書き(打ち消し表示)。消費者庁が、実在のスマートフォン広告に近いサンプルを使って調べたところ、最大94.3%の消費者が打ち消し表示を見落としていた。消費者庁は事業者に対し、強調と打ち消しが同時に認識できる表示を求めるとともに、消費者に対しては「無料、おトクといった内容が印象に残った時は、他に制約条件がないか注意する習慣をつけてほしい」と呼びかけている。

 調査は2月5~7日、スマホによるウェブアンケート方式で行い、20~60代の男女1000人が回答した。用意したサンプル広告は、オンライン英会話の「今なら2週間無料体験できます」、健康食品の「いつでもやめられるから安心 定期コース」など5点。実在の広告例に基づいて、景品表示法違反で処分の対象になるよう作成した。

 このうち「今すぐ申し込む」のように、画面上の目立つ位置に表示して購入画面へと誘導する「コンバージョンボタン」など、画面が小さいスマホに特有の表示を設けた広告では、回答者の81.3%が打ち消し表示に気づかなかった。通信契約の広告などでよく見られる画面の最下部に打ち消し表示があるサンプルでは、表示に気づかない人が9割を超えた。【岡礼子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]