森友

籠池被告、府・市の補助金詐欺を大筋で認める方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺罪などに問われた学園の前理事長・籠池泰典被告(65)が、大阪府・市の補助金詐欺の起訴内容について大筋で認める方針であることが、関係者への取材で分かった。共謀したとされる妻諄子被告(61)は、否認する意向だという。

 起訴状によると、両被告は2011~16年度、学園が運営する幼稚園の障害児数などを偽り、府・市からの補助金計約1億2000万円を詐…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

注目の特集