メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦

山下が先勝 大熱戦制し 第1局

激戦となった第1局を振り返る挑戦者の山下敬吾九段(左)と本因坊文裕=山口県萩市の萩・明倫学舎で2018年5月16日午後8時40分、上入来尚撮影

 山口県萩市の萩・明倫学舎で15日から打たれた第73期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、萩・明治維新150年記念事業実行委など共催、大和証券グループ協賛、マルシフードサービス協力)は16日午後8時21分、256手で挑戦者の山下敬吾九段(39)が本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に黒番半目勝ちし、7期ぶりの返り咲きに向け幸先よいスタートを切った。残り時間は山下1分、文裕3分。

 互いの深い読みがぶつかり合う壮絶な戦いとなり、難解なヨセ勝負に突入したが、山下が際どく制した。昨年…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」
  5. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです