メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ザギトワ優勝 日本勢メダルなし 世界フィギュア
IT社員過労死

残業月87時間超 裁量労働制適用

裁量労働制で働き過労死した男性は、ツイッターに悲痛な声を残していた=2018年5月16日、市川明代撮影

 東京のIT会社で裁量労働制で働いていた男性会社員(当時28歳)が昨年、くも膜下出血で死亡し、池袋労働基準監督署が今年4月に過労死として労災認定していた。遺族代理人の川人博弁護士が16日、記者会見して明らかにした。労基署は亡くなる直前の2カ月間で、過労死ラインとされる月80時間を超え、月平均87時間45分の残業があったと認定。また、裁量労働制が適用される前には最長で月184時間の残業があったとした。

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1261文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです