メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衰弱死

容疑の両親逮捕 1歳児に食事与えず 埼玉県警

 1歳の三男に十分な食事を与えず衰弱死させたとして埼玉県警捜査1課は16日、同県桶川市東1、会社員、山辺拳士郎容疑者(25)と妻で無職、仁美容疑者(25)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。三男は死亡時、体重が同年齢の平均の半分程度の約4キロしかなく、身長も平均より約15センチ低い約60センチだった。

     逮捕容疑は、自宅マンションで三男の晴(はると)ちゃんに満足な食事を与えず放置し、昨年10月9日に低栄養で死亡させたとしている。容疑を認めているという。

     県警によると同日午後10時15分ごろ、拳士郎容疑者が「子どもが冷たくなっている」と119番。救急隊が駆けつけると、晴ちゃんは寝室の布団に寝間着姿で横たわり、既に死亡していた。両容疑者は長男(4)と次男(3)を含む5人暮らし。長男と次男に健康上の問題はなく、県警は晴ちゃんだけが食事を与えられなかった経緯などを調べる。

     桶川市によると、一家は2014年6月に転入。子ども3人の乳幼児健診が未受診だったことなどから、市は昨年9月までに計4回の家庭訪問をしたが、仁美容疑者は「昼寝をしている」として1回目以外は晴ちゃんに会わせなかったという。

     昨年9月に自宅を訪れた民生委員の女性は「母親が応対したが、子育てに関する相談はなかった」と話した。【三股智子、畠山嵩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
    2. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で
    3. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
    4. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    5. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]