メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者施設

入所者が熱湯で死亡 80度近くか 大阪

 大阪府警阿倍野署は16日、大阪市阿倍野区のグループホーム「ティンク」で、入所する知的障害者の女性(52)が入浴中にやけどを負い、15日に死亡したと発表した。風呂の湯は80度近い熱湯だったとみられる。同署は、従業員が温度確認を怠った疑いがあるとみて、業務上過失致死の疑いで捜査している。

     同署によると、12日午後4時半ごろ、女性が1人で風呂に入った後、「ぎゃー」という声がしたので、50代の女性従業員が駆け付けた。全身が真っ赤になった女性は「熱い、熱い」と叫んでいたという。119番で駆け付けた救急隊員が搬送。15日夜に死亡した。司法解剖の結果、死因はやけどによるショックだった。

     当時、風呂は最高温度の85度に設定されていた。風呂を沸かした従業員は「温度確認をしていなかった」と説明しているという。

     ホームを運営する社会福祉法人「日本ヘレンケラー財団」(同市阿倍野区)によると、ホームには知的障害者ら5人が入所。当時はこの従業員1人が入所者の世話をしていたという。財団の西川佳夫理事長は取材に対し、「あってはいけない事故で、亡くなった方に申し訳ない」と話している。【柴山雄太、伊藤遥】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
    4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
    5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]