メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お茶漬け給食

永谷宗円の命日を前に 京都・宇治田原町

サケフレークや漬物をトッピングした白米に煎茶を注いでもらう児童=京都府宇治田原町の宇治田原小学校で2018年5月16日、矢倉健次撮影

 江戸時代に緑茶の製法を開発した永谷宗円(ながたに・そうえん)の命日の「お茶漬けの日」(5月17日)を前に、宗円の出身地で茶どころの京都府宇治田原町で16日、小学校の給食で茶漬けが振る舞われた。

     茶漬け製品で知られる食品大手「永谷園」の創業家が宗円の子孫でもあり、子供がお茶に親しみを持つようにと3年前に始めた取り組み。この日は町立小2校の5、6年生約150人が味わった。

     町内産の新茶を白米の上に注いでもらい、競うようにかき込んだ児童は「おいしい」と笑顔。郷土の歴史もこれでさらさら頭に入る?【矢倉健次】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    3. 京都中央信用金庫 係長が9300万円着服 預金無断解約
    4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]