メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治分野における男女共同参画推進法の成立を受け、総会であいさつする超党派議員連盟の中川正春会長(奥左から2人目)=衆院第1議員会館で2018年5月16日、藤井達也撮影

 16日に成立した「政治分野における男女共同参画推進法」により、各党は女性候補擁立の取り組みを問われることになる。ただ強制力のない理念法で、「男女均等擁立」の具体化は容易ではない。

 男性優位の政治のゆがみは、財務省のセクハラ問題でも露呈した。麻生太郎財務相は前事務次官の処分後も「はめられた」などと答弁し、その後に撤回。上智大の三浦まり教授(政治学)は16日、国会内で「セクハラ行為そのものや、財務省や政治家の『2次加害』的な対応に驚いた。日本の意思決定機関に女性が少ないことの弊害だ」と語った。

 過去には1989年参院選で旧社会党の土井たか子委員長(2014年死去)の「マドンナブーム」が起きた…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文646文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ
  2. ヤマト 法人引っ越し過大請求4.8万件 総額17億円
  3. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  4. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  5. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです