メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治分野における男女共同参画推進法の成立を受け、総会であいさつする超党派議員連盟の中川正春会長(奥左から2人目)=衆院第1議員会館で2018年5月16日、藤井達也撮影

 16日に成立した「政治分野における男女共同参画推進法」により、各党は女性候補擁立の取り組みを問われることになる。ただ強制力のない理念法で、「男女均等擁立」の具体化は容易ではない。

 男性優位の政治のゆがみは、財務省のセクハラ問題でも露呈した。麻生太郎財務相は前事務次官の処分後も「はめられた」などと答弁し、その後に撤回。上智大の三浦まり教授(政治学)は16日、国会内で「セクハラ行為そのものや、財務省や政治家の『2次加害』的な対応に驚いた。日本の意思決定機関に女性が少ないことの弊害だ」と語った。

 過去には1989年参院選で旧社会党の土井たか子委員長(2014年死去)の「マドンナブーム」が起きた…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文646文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです