メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

集配バイトに「仲間」、金を回収…新手口に注意

 警視庁捜査2課は16日、特殊詐欺グループの「受け子」役とみられる横浜市鶴見区の無職、後藤紳介容疑者(33)を詐欺容疑で逮捕した。詐欺グループは、宅配便の集配のアルバイトをしていた後藤容疑者を使って詐取金を回収していたとされる。同課は摘発を免れるための新手の手口とみて調べている。

     逮捕容疑は、詐欺グループのメンバーと共謀し1~2月、新潟県の60代の女性に社債購入名目でうその電話をかけ、現金計1050万円をだまし取ったとしている。女性には特定の宅配業者を指定し、現金を横浜市内の住宅に送らせていた。この住所は実在するが、受け取り主は架空名義だったという。

     送付先のエリアでは、後藤容疑者が集配業務のアルバイトをしていた。後藤容疑者は被害者の荷物を送付先に届けずに回収。グループに引き渡していたという。容疑については「お金とは知らなかった」と否認している。

     特殊詐欺では現金の受け渡し段階で警察に摘発されるケースが多い。こうしたリスクを回避するために、宅配業者でアルバイトをしている人物を利用したとみられる。【佐久間一輝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
    2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
    3. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    4. 東京・六本木 「アートナイト」始まる 光の巨人も登場
    5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]