メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

懸賞金で恩返し 遅咲きの新入幕・旭大星

 大相撲夏場所4日目の16日、取組後、新入幕の旭大星は支度部屋で髪を直しながら、滑らかな口ぶりで質問に応じた。「苦手な相手だったので、まわしを取られないようにした。とりあえず動こうと思った」。作戦通りのスピード感ある相撲で白星を挙げ、遅咲きの28歳は息を弾ませた。

 対戦相手の錦木より体重が21キロ軽い150キロの旭大星だが、低く鋭い立ち合いで優位に立った。錦木の体を起こしてから、右に動いていなす。その瞬間、錦…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです