メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

独特の慣例混乱招く 3年居住で国籍問わず

 ラグビーW杯の出場権が取り消される異例の事態を招いた背景には、当該国・地域で連続36カ月以上の居住歴と他国の代表経験がないなどの条件を満たせば国籍を問わず代表になれるラグビー独特の慣例がある。

 居住歴や代表経験の調査は書類の確認、協会や代理人への問い合わせにより手探りで進められているのが現状だ。英BBC放送によると、ルーマニア協会は代表資格が問題となったトンガ出身選手の代表…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです