メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

独特の慣例混乱招く 3年居住で国籍問わず

 ラグビーW杯の出場権が取り消される異例の事態を招いた背景には、当該国・地域で連続36カ月以上の居住歴と他国の代表経験がないなどの条件を満たせば国籍を問わず代表になれるラグビー独特の慣例がある。

 居住歴や代表経験の調査は書類の確認、協会や代理人への問い合わせにより手探りで進められているのが現状だ。英BBC放送によると、ルーマニア協会は代表資格が問題となったトンガ出身選手の代表経験を事前にトンガ協会会長に確認し保証を取り付けたが、7人制での代表歴が判明した。

 日本協会も2016年5月、トンガ出身の大学生を代表に選出したが、7人制代表経験が判明して取り消した。関係者によると、日本代表候補に名前の挙がった南アフリカ出身選手も同国代表経験はなかったが、テストマッチ以外の試合には出場していたことで代表資格が認められないケースもあった。

 ラグビーW杯に向け、各国がオセアニアなどから競うように選手を獲得している現状が混乱に拍車を掛けている。国際統括団体のワールドラグビーは20年12月末から居住歴の資格要件を60カ月に延長する方針だ。【大谷津統一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で
  3. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  4. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  5. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]