メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
サッカー

大迫、ケルンからブレーメンへ完全移籍

 【リヨン(フランス)大島祥平】サッカードイツ1部リーグのブレーメンは16日、ケルンから日本代表FW大迫勇也を獲得したと発表した。完全移籍となり、大迫は所属事務所を通じて「ケルンで成長させてもらえたことは感謝でしかありません。最終的に今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くことだと思い移籍を決断しました」とコメントを寄せた。

     大迫は2014年にJ1鹿島から1860ミュンヘンに移籍。同年7月からケルンで4年間プレーし、今季は25試合出場で4得点2アシストだった。ケルンは最下位で2部降格となった。

     ブレーメンはリーグ優勝4度の古豪で、今季序盤は苦しんだが途中で就任したコーフェルト監督が立て直して11位。過去に日本初のプロ選手となった奥寺康彦氏が所属した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
    2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
    4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
    5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]