メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
欧州ニュースアラカルト

104歳の豪科学者はなぜスイスで安楽死を遂げたのか

安楽死に臨む前日に記者会見するデービッド・グドールさん=スイス・バーゼルで5月9日、ロイター

 オーストラリアの104歳の科学者デービッド・グドールさんが今月10日、自国では認められていない安楽死を遂げるために渡航したスイスで命を絶った。自らの選択が高齢者の人生を終える権利について議論を生むことを望んでいた。

「ふさわしい時期に死を」

 「私の年齢あるいは多少低い年齢であれば、ふさわしい時期に死を自由に選択したい。明日人生を終えることは私自身の選択だ。それを心待ちにしていた」

 グドールさんは亡くなる前日、スイス北西部バーゼルのホテルで記者会見を開いて心境を語った。会見を報じた映像をみる限り、言葉は力強くはっきりと聞き取れた。報道陣から「最期に聴きたい音楽は何か」と尋ねられたグドールさんは、「ベートーベンの交響曲第9番」だと応じ、一呼吸置いて「歓喜の歌」の一節を張りのある声でドイツ語で歌うと、顔をくしゃくしゃにして笑った。3人の孫たちと囲んだ最期の食卓には好物のフィッシ…

この記事は有料記事です。

残り1951文字(全文2342文字)

八田浩輔

2004年入社。京都支局、科学環境部などを経て外信部。16年春から20年夏までブリュッセル支局で欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当した。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(新潮文庫)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです