メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

UIターン

人口激減の福島県 移住促進の知恵求め、東京都内でイベント

福島県の担当者から県の現状についてレクチャーを受ける「ふくしまUターン促進アイデアソン」の参加者=東京都千代田区外神田6のアーツ千代田3331で2018年5月16日、曽根田和久撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、人口が急減した福島県が、都市部の若い世代にターゲットを定めた移住PRに力を入れている。16日夜には、UIターンを促すアイデアを考えるイベントを東京都内で開き、20~40代の男女15人が知恵を絞った。集うのはどんな人たちなのか。会場を訪れてみた。

Uターン促すアイデア出し合う

 「やっぱり仕事がないと移住はできない」「起業するにしても、移住先とのつながりがないとうまくいかない」「移住者と地域の人をどうやってつなげばいい?」──。

 テーブル上の模造紙に、意見が書かれたメモが次々と貼られていく。県が16日に開いたイベント「ふくしま…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1525文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです