メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(1)白石和彌さんインタビュー/上 若松孝二の原点と魅力に迫る

 2012年10月17日に若松孝二監督が突然の事故で逝ってから5年半余りがたった。「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」「キャタピラー」「水のないプール」「天使の恍惚(こうこつ)」「赤軍-PFLP・世界戦争宣言」「処女ゲバゲバ」「犯された白衣」など、日本映画史に残る傑作、問題作を数多く残した鬼才の死を惜しむ声は今も少なくない。

 昨年、若松監督が率いてきた若松プロダクションに、そのDNAを受け継いできた映画関係者が結集し、新たな映画製作が始まった。タイトルは「止められるか、俺たちを」(10月、東京・テアトル新宿ほか全国順次公開予定)。舞台は1969年。政治や社会の激動の時代に、若松プロの門をたたいた一人の女性助監督の目を通して、若松孝二と共に時代を駆けぬけた人たちの生きざまや輝き、青春群像をスクリーンに焼き付けた作品だ。…

この記事は有料記事です。

残り3814文字(全文4182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「宇宙服」型マスクでウイルス遮断 気圧で侵入防ぐ 群馬大グループ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです