メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『Tokyo Eatrip』野村友里・著

美味しさと楽しさを惜しみなく提供する場

◆『Tokyo Eatrip』野村友里・著(講談社/税別2950円)

 『Tokyo Eatrip(イートリップ)』は、タイトルどおり、東京を旅する人に、この都市にはどんな料理店があるのかを指し示す本だ。英訳も添えられている。文章と写真で紹介されるのは、鮨(すし)屋、とんかつ屋、居酒屋、レストラン、コーヒースタンドなどなど、およそ60軒。老舗と認められる店あり、オープンして間もない店あり、都心を中心に、東は浅草、西は西荻窪まで網羅されている。そのうち、私が行ったことがあるのは15軒。自分でも取材をし、文章にした「銀座ウエスト」と、千駄ケ谷の「タスヤード」の2軒も含まれる。ちなみにどちらも喫茶店。その数は、東京に16年暮らしている者としては少ないだろうか。とはいえ、東京で生まれ育ち、フード…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです