メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『Tokyo Eatrip』野村友里・著

◆『Tokyo Eatrip』野村友里・著(講談社/税別2950円)

 『Tokyo Eatrip(イートリップ)』は、タイトルどおり、東京を旅する人に、この都市にはどんな料理店があるのかを指し示す本だ。英訳も添えられている。文章と写真で紹介されるのは、鮨(すし)屋、とんかつ屋、居酒屋、レストラン、コーヒースタンドなどなど、およそ60軒。老舗と認められる店あり、オープンして間もない店あり、都心を中心に、東は浅草、西は西荻窪まで網羅されている。そのうち、私が行ったことがあるのは15軒。自分でも取材をし、文章にした「銀座ウエスト」と、千駄ケ谷の「タスヤード」の2軒も含まれる。ちなみにどちらも喫茶店。その数は、東京に16年暮らしている者としては少ないだろうか。とはいえ、東京で生まれ育ち、フードディレクターを生業(なりわい)とする野…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  3. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  4. 記者が見た偽証工作 那覇の高級ホテル最上階 袋の中には1000万円の束二つ IR汚職

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです