メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『フォークソングの東京』『モンテレッジォ』ほか

今週の新刊

◆『フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985』金澤信幸・著(講談社/税別1500円)

 金澤信幸『フォークソングの東京』は、同じ時代、フォーク小僧だった私にとって、全ページ興奮の一冊だ。副題に「聖地巡礼1968-1985」とあるごとく、フォークの重要な現場を訪ね、そこで何があったかを検証する。

 東京フォークが始動した岡林信康と68年の台東区山谷、その岡林がはっぴいえんどを発見した70年の新宿…

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]