メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

30年の展望:金の未来を探る(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

30年の展望:金の未来を探る

AsiaNet 73555

ロンドン(英国)、2018年5月17日/PRニュースワイヤー/ --

ワールド・ゴールド・カウンシル(World Gold Council)は本日、世界中から集めた業界トップの専門家らが今後30年間に金市場がどのように進化するかを分析した単発の小論文集、ゴールド2048(Gold 2048)を発表しました。

シニアエコノミストのジョージ・マグナス、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(State Street Global Advisors)グローバル最高投資責任者のリック・ラカイユ、バリック・ゴールド(Barrick Gold)チーフ・イノベーション・オフィサーのミシェル・アッシュなどの著者が導き出した主な結論は、以下の通りです:

・中国およびインドの中産階級の拡大は、広範な経済成長とあいまって金の需要に大きく影響する。

・エネルギー、医療、テクノロジーにおける金の使用は、急速に変化している。材料の選択肢としての金の地位は、今後10年間に持続、進化することが見込まれる。

・個人が金を売買、投資、贈与できる金投資のモバイルアプリは、インドと中国で急速に発達する。

・環境、社会、ガバナンスの問題は、鉱業生産方法の改革における役割が増大する。

・金鉱業は、今後30年間に同様の等級の金を生産して、従来の供給量に合わせるという課題に取り組まなくてはならない。

ワールド・ゴールド・カウンシルCEOのアラム・シシュマニアンは次のようにコメントしました:「1987年の設立以来、ワールド・ゴールド・カウンシルは金に対する理解を、そして究極的には需要を進めるよう政策立案者、規制当局、業界関係者らと協力してきました」
「おそらく今後30年間には大きな変化が起こり、予測できるものも誰にも予測できないものもあるでしょう。Gold 2048では経済学者、投資マネージャー、鉱業のリーダーや当団体の専門家たちなど輝かしい人々を集結し、この興味深い市場を推進する世界的動向と原動力を検討できたことを嬉しく思います」

全コレクションがこちらからダウンロードできます:

https://www.gold.org/research/gold-2048

ツイッターの@goldcouncil、およびフェイスブックでワールド・ゴールド・カウンシルをフォローできます。

編集への注:

ワールド・ゴールド・カウンシル(World Gold Council)について
ワールド・ゴールド・カウンシルは金業界のための市場開発組織です。その目的は金需要を刺激し、持続させ、業界リーダーシップを提供し、金市場に関するグローバルな権威となることです。

われわれは権威ある市場洞察に基づいて、金に裏付けられたソリューション、サービス、製品を開発するとともに、われわれのアイデアを行動に移すために幅広いパートナーと協力しています。その結果、主要な市場部門で金需要の構造的な変革を創造しています。われわれは国際的な金市場に多くの洞察を提供し、人々が金の保有資産としての特質や社会の社会的・環境的ニーズに対応した役割を理解するよう支援しています。

ワールド・ゴールド・カウンシルのメンバーは、世界の主要な最も先進的な金鉱山会社によって構成されています。

ソース:ワールド・ゴールド・カウンシル


(日本語リリース:クライアント提供)



情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]