メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
人生は夕方から楽しくなる

フリーライター・鶴見済さん 貸したり借りたり、人間関係が豊かに

「社会で主流となっている生き方からこぼれちゃって、つらい思いをしている人が楽になればいいなあ」=東京都国分寺市で、藤井太郎撮影

 平日の昼下がり、東京都のある住宅街。「こんなふうに歩いていると不審者と思われかねないんですよ」と話しながら笑みを浮かべる。すれ違う人は誰もいない。大人の多くは働いている時間なのだろう。

 「ネクタイをしていれば職務質問は受けないでしょうね。小さい子どもを連れたお母さんも怪しまれない。『ちゃんとした人』と見られるから。そこからはずれた人は、どこか低く見られているようなつらさがあります」。この日はジーンズにチェック柄のシャツ。作業帽のようなキャップをかぶっていた。確かにこの時間、ぶらぶら歩いていたら「ちゃんとしていない人」と思われるかもしれない。

 そんな社会も変化してきた。多様な生き方を認めようとする動きが表れたり、物が売れなくなったりしている…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです