メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港

「日本の表玄関」守り続け 開港40年、元管制官の誇り 管制塔占拠、怒りばねに

旧管制塔で占拠事件を振り返る元管制官の柴田謙二さん=成田空港で、丸山博撮影

 成田空港開港直前の1978年3月、乱入した空港反対の活動家に占拠された旧管制塔(高さ64メートル)が、老朽化のため、2020年に取り壊される。当時、35歳の管制官だった柴田謙二さん(75)は管制室から屋上に避難した。そんななすすべもなかった経験を胸に「日本の表玄関」の安心安全を淡々と守り続けてきた日々を、柴田さんは「開港までの苦しみがあったからこその宿命」と振り返る。成田空港は20日、開港40年を迎える。【中村宰和】

 柴田さんは開港予定日4日前の78年3月26日、旧管制塔16階の管制室にいた。突然、反対派の怒号が聞…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1478文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. 陸上イージス・アショア問題「泥沼」 防衛省の調査ミス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです