メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核のごみ

最終処分場に不安、疑問 水戸で住民説明会 /茨城

 原子力発電環境整備機構(NUMO)と資源エネルギー庁は17日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた住民説明会を水戸市で開いた。NUMOの孫請け業者が謝礼を約束して学生らを動員した問題を受けて昨年12月から中断していたが、直営に切り替え、今月から本格再開した。10日の大阪市に続き2カ所目となる。

 NUMOの伊藤真一理事は冒頭、「疑念を持たれるような運営だったことにおわびを申し上げたい」と陳謝し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. 話題 百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです