メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 茨城県近代美術館(水戸市) 寄贈品に育てられ30年 /東京

 緑の木々がまぶしい。JR水戸駅の南側を出て直進すると桜川にぶつかる。川沿いを西に約15分歩くと、美術館が見えてきた。日本三名園の一つ・偕楽園の眼下に広がる千波湖のほとりに建つ。正面玄関を入ると天井が高く、エントランスホールは広くて静かだ。どの展示室も空間が広く、ゆったりしている。1988年にオープンし今年30周年を迎えた。

 日本画の大家・横山大観や、大正期に活躍した洋画家の中村彝(つね)ら茨城県ゆかりの作家の作品を中心に…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文692文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです