ガストロノミーウォーキング

温泉、拠点に楽しもう 食や自然、歴史・文化に触れる あす、in奥飛騨・平湯 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 温泉を拠点に散策しながら地域の食材や自然を楽しむ「ONSEN・ガストロノミーウォーキングin奥飛騨・平湯温泉」が19日、高山市奥飛騨温泉郷平湯の平湯温泉一帯で開かれる。県内では初めての取り組みで、自然環境と温泉、食などを組み合わせた観光振興や誘客につなげる狙いがある。【岡正勝】

 「ガストロノミーツーリング」は、歩きながら地元の食や自然、歴史・文化に触れる旅のこと。欧米で広く普及しており、この旅のスタイルに日本特有の文化である温泉(ONSEN)を加えた。同様の取り組みは、既に国内各地で開かれている。

 中部山岳国立公園にある平湯温泉は自然に恵まれた温泉地。当日は市営アカンダナ駐車場を発着点に「日本の滝100選」に選ばれている平湯大滝や、山野草が咲き野鳥も多い「平湯自然探勝路」など全長約10キロを約3時間かけ散策する。各ポイントでは、飛騨牛や地酒、五平餅といった奥飛騨の地元グルメを堪能することができる。ウオーキング後は武田家家臣が白猿に導かれた温泉で元気を取り戻したとされる「白猿伝説」が残る平湯…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文791文字)

あわせて読みたい

注目の特集