メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

ブランド守る「地域団体商標」=百五総合研究所・鈴木理可 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 松阪肉、伊勢茶、伊賀くみひも、四日市萬古(ばんこ)焼、くわな鋳物など、これら三重の特産品の品質やイメージが、ある制度によって守られていることをご存じだろうか。

 まず、名称に「地域名」がついていることに注目してほしい。商品名、サービス名、企業名、マーク、ロゴなどを商標と呼ぶことがある。商標を登録し、商標権を取得すると、その商標を日本全国(外国には及ばない)で独占的に使用でき、同じ商標や似ている商標を他人が使用することが禁止されるなど偽物や粗悪品が市場に出回ることを防止できる。

 ただし、商標登録にはいくつかの要件があり、単純な名称は登録が認められにくい。例えば、松阪肉という名称は単に「地域名」と「商品名」を合わせただけで、通常の商標登録は難しい。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです