メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
三重~る経済

ブランド守る「地域団体商標」=百五総合研究所・鈴木理可 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 松阪肉、伊勢茶、伊賀くみひも、四日市萬古(ばんこ)焼、くわな鋳物など、これら三重の特産品の品質やイメージが、ある制度によって守られていることをご存じだろうか。

 まず、名称に「地域名」がついていることに注目してほしい。商品名、サービス名、企業名、マーク、ロゴなどを商標と呼ぶことがある。商標を登録し、商標権を取得すると、その商標を日本全国(外国には及ばない)で独占的に使用でき、同じ商標や似ている商標を他人が使用することが禁止されるなど偽物や粗悪品が市場に出回ることを防止できる。

 ただし、商標登録にはいくつかの要件があり、単純な名称は登録が認められにくい。例えば、松阪肉という名…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文784文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです