連載

フォーカス

テレビや映画、アニメなど旬のタレントの横顔を、出演作とともに紹介します。

連載一覧

フォーカス

公共交通、市民の足確保へ 21日、市内路線バス9社初協議 岡山市、交通網形成計画策定に向け /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岡山市東区久々井地区では、2方面に1日1本ずつしかバスが運行していない=林田奈々撮影
岡山市東区久々井地区では、2方面に1日1本ずつしかバスが運行していない=林田奈々撮影

 <focus>

 人口減少社会を迎える中、疲弊した交通事業者によるバス路線の廃止・減便が止まらない。県都・岡山市でも公共交通のない不便な地域が生まれている。一方、人口が集中する中心部では事業者間の競争が激しい。争いは、大規模な路線の廃止届提出やストライキにも発展し、市民に不安を与えたばかりだ。縮小する日本社会で、市民の足をどう確保していくのか。その具体的な計画を作る市の会議が21日、初開催される。【林田奈々】

 「ここは陸の孤島じゃ」。そう語る住民の口ぶりには、諦めがにじんでいた。岡山市中心部から車で1時間ほどの同市東区久々井(くぐい)地区。小高い山に囲まれ、瀬戸内海に面するこの地域の人口は約300人。65歳以上の割合を示す高齢化率は40%を超える。地域には商店や病院が無く、生活のためには移動手段が不可欠だ。だが、唯一の公共交通機関であるバスは2方面に1日1本ずつしかない。

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2093文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集