メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・ひろしま

競輪でけが、選手支えに 整骨院開いた元プロアスリート 川口正さん /広島

プロアスリートとしての経験を生かし施術する川口正さん=広島市東区尾長西1のしょう整骨院で、小山美砂撮影

川口正さん(47)=安佐南区

 野球、競輪の世界でプロを25年間経験した。競輪選手時代に大けがをし、現役を断念せざるを得なかったが、「真剣勝負に挑む選手の力になりたい」と、2014年に「しょう整骨院」=東区尾長西1=を開いた。けが回復に向けた施術はもちろん、野球選手の体作り、技術指導も行う。

 小学2年から野球を始め、内外野をこなした。高校卒業後にプロ野球の横浜大洋ホエールズ(現DeNA)にドラフト外で入団。しかし、1軍の壁は厚く、脚力を生かせる競輪の世界に転身した。1995年にデビュー。順調に選手生活を送っていたが、2012年秋、不慮の事故に見舞われた。レース中、前方で転倒した選手の上に自転車ごと乗り上げ、頭から落ちたのだ。首の骨を折り、2回の手術を受けた。しかし…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文838文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道
  5. 「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです