メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新栄合板工業

玖珠町で起工式 来年4月の操業目指す /大分

 木造住宅の構造用合板などを製造・販売している新栄合板工業(本社・東京、尾崎公一社長)の大分工場の起工式が、玖珠町四日市の玖珠工業団地であった。来年4月の操業開始を目指す。地元からの雇用予定は47人。

 県土地開発公社が整備している同工業団地(約19・8ヘクタール)は、ほぼ最終段階。同社は進出企業第1号として10・1ヘクタールを取得し、昨年11月に立地…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 警視庁 コインロッカーに乳児遺棄容疑 25歳女逮捕
  3. 4歳児死亡 殺人容疑で父親逮捕 引き出しに閉じ込め
  4. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  5. 目黒虐待死 被害女児、大学ノートに「反省文」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]