メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

政官の「不作為」問う 強制不妊賠償、一斉提訴

不妊手術を強制されたとして、国を提訴するため札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(手前中央)ら=札幌市中央区で2018年5月17日午前11時19分、貝塚太一撮影

 障害者らに不妊手術を強制した旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で手術された、東京、宮城、北海道に住むいずれも70代の男女3人が17日、国に総額計約8000万円の損害賠償を求めて東京、仙台、札幌の各地裁に一斉提訴した。3人は「子どもを産み育てるかどうかを決める権利を侵害された」とし、「幸福追求権」などを保障する憲法に違反していると主張。政府や国会が手術を受けた人を対象とする救済制度の創設を怠った「不作為」の状態が現在も続き、精神的苦痛を被ったと訴えている。

 原告は、北海道の小島喜久夫さん(76)と、飯塚淳子さん、北三郎さん(75)の名でそれぞれ活動してい…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文745文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]