メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

強制不妊一斉提訴 立証阻む記録不存在 救済、政治決着望む声

不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で声を詰まらせながら思いを語る飯塚淳子さん(活動名)=仙台市青葉区で2018年5月17日午前11時11分、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された東京、宮城、北海道の70代の男女3人が17日、国に損害賠償を求めて各地の地裁へ一斉提訴した。弁護団は全国規模の集団訴訟に発展させたい考えだが、当事者同士のつながりが薄いうえ、「被害」を立証する手術記録の不存在という壁もあり、訴訟が広がりにくい特異な事情がある。提訴に至っても国の「不作為」や「除斥期間」という二つのハードルを越えなければならず、早期救済のため政治決着を急ぐよう望む声が高まる。【遠藤大志、日下部元美、服部陽】

この記事は有料記事です。

残り2138文字(全文2379文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです