メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊一斉提訴 立証阻む記録不存在 救済、政治決着望む声

不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で声を詰まらせながら思いを語る飯塚淳子さん(活動名)=仙台市青葉区で2018年5月17日午前11時11分、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された東京、宮城、北海道の70代の男女3人が17日、国に損害賠償を求めて各地の地裁へ一斉提訴した。弁護団は全国規模の集団訴訟に発展させたい考えだが、当事者同士のつながりが薄いうえ、「被害」を立証する手術記録の不存在という壁もあり、訴訟が広がりにくい特異な事情がある。提訴に至っても国の「不作為」や「除斥期間」という二つのハードルを越えなければならず、早期救済のため政治決着を急ぐよう望む声が高まる。【遠藤大志、日下部元美、服部陽】

この記事は有料記事です。

残り2138文字(全文2379文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです