メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

原発避難者の「準備宿泊」って? 事実上の帰還 復興へのステップ=回答・高橋隆輔

準備宿泊の手続きをする住民=福島県大熊町で2018年4月24日、喜屋武真之介撮影

 なるほドリ 東京電力福島第1原発がある福島県大熊町(おおくままち)で準備宿泊が始まったと聞いたけど、どんな制度なの?

 記者 正式名称は「ふるさとへの帰還に向けた準備のための宿泊」。原発事故で避難指示が出た区域のうち比較的放射線量の低い地域を対象に、原則禁止されていた自宅での宿泊ができるようになります。通常、準備宿泊は避難指示解除まで続けられるので、住民にとっては事実上の帰還です。大熊町は来春、対象地区の避難指示解除を目指しています。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです