メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新里宏二氏

 旧優生保護法の下、障害者らに強制されていた不妊手術。憲法で保障された基本的人権に反するような差別的な医療行為が「公益」を理由に続いていた。17日には東京、仙台、札幌で70代の被害者の男女3人が国に損害賠償を求め、一斉提訴した。政治や医療従事者の責任を問う声が高まる中、救済への道はどうすれば開けるか。

この記事は有料記事です。

残り4426文字(全文4577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです