メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

旧優生保護法の不妊手術

新里宏二氏

 旧優生保護法の下、障害者らに強制されていた不妊手術。憲法で保障された基本的人権に反するような差別的な医療行為が「公益」を理由に続いていた。17日には東京、仙台、札幌で70代の被害者の男女3人が国に損害賠償を求め、一斉提訴した。政治や医療従事者の責任を問う声が高まる中、救済への道はどうすれば開けるか。

この記事は有料記事です。

残り4426文字(全文4577文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]