メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

旧優生保護法の不妊手術

新里宏二氏

 旧優生保護法の下、障害者らに強制されていた不妊手術。憲法で保障された基本的人権に反するような差別的な医療行為が「公益」を理由に続いていた。17日には東京、仙台、札幌で70代の被害者の男女3人が国に損害賠償を求め、一斉提訴した。政治や医療従事者の責任を問う声が高まる中、救済への道はどうすれば開けるか。

この記事は有料記事です。

残り4426文字(全文4577文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです