メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

旧優生保護法の不妊手術

新里宏二氏

 旧優生保護法の下、障害者らに強制されていた不妊手術。憲法で保障された基本的人権に反するような差別的な医療行為が「公益」を理由に続いていた。17日には東京、仙台、札幌で70代の被害者の男女3人が国に損害賠償を求め、一斉提訴した。政治や医療従事者の責任を問う声が高まる中、救済への道はどうすれば開けるか。

この記事は有料記事です。

残り4426文字(全文4577文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです