メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

旧優生保護法の不妊手術

新里宏二氏

 旧優生保護法の下、障害者らに強制されていた不妊手術。憲法で保障された基本的人権に反するような差別的な医療行為が「公益」を理由に続いていた。17日には東京、仙台、札幌で70代の被害者の男女3人が国に損害賠償を求め、一斉提訴した。政治や医療従事者の責任を問う声が高まる中、救済への道はどうすれば開けるか。

この記事は有料記事です。

残り4426文字(全文4577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 障害者雇用 水増し「悪質だ」 進次郎部会長、初日からビシバシ
  4. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです