メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

ロシア癒着疑惑 本格捜査1年 モラーVSトランプ、攻防激化

 ロシアの2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、捜査を指揮する特別検察官に元米連邦捜査局(FBI)長官のロバート・モラー氏が任命されてから17日で1年を迎えた。周囲に迫る捜査に「魔女狩りだ!」といらだちを募らせるトランプ大統領。11月の米中間選挙を控え、「モラー対トランプ」の攻防の激化が予想される。【鈴木一生、ニューヨーク國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り2702文字(全文2888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 漫画で解説 児童ポルノは日本の恥の巻
  3. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  4. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  5. 児童買春 LINEで裸の動画拡散 容疑の14人家裁送致

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです