メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

米輸入制限に対抗 関税500億円引き上げ検討

 政府はトランプ米政権による鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限発動を受け、世界貿易機関(WTO)に対抗措置の準備を通知する調整に入った。輸入制限に伴う追加関税分と同規模の500億円程度の関税引き上げを検討している。【安藤大介】

 WTOは緊急輸入制限(セーフガード)に関する協定で、自国が輸出利益を侵害された分と同規模の関税引き上げや輸入数量制限などを課すことを認めている。米国が3月23日から課した追加関税は、鉄鋼製品25%、アルミ製品10%。日本からの同製品の輸出額は年間計約20億ドル(約2200億円)で、追加関税は500億円前後に上る見込み。日本政府は対抗…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです