メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

商社・コンビニ

相乗効果 商社、小売り事業強化 コンビニ、海外展開の支え

 総合商社と大手コンビニエンスストアの協業が加速している。伊藤忠商事は4月に持ち分法適用会社のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の子会社化を発表、三菱商事も子会社・ローソンをグループ経営の柱に位置付ける。小売りなど非資源分野を強化し収益安定化を狙う商社が、人手不足対策や海外展開を急ぐコンビニを支援することで相乗効果を図る戦略だ。【今村茜、藤渕志保】

 伊藤忠商事は従来、ユニファミマHDの経営の自由度を優先する立場から子会社化に否定的だった。だが、ネ…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1408文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです