メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

悪質ステマ、判別困難 SNS大量投稿、広告か個人の感想か

 <net watch>

 ネット上の商品比較サイトでステルスマーケティング(ステマ)が行われていた--。ネット広告「フライ社」(東京都立川市)の女性社員が、写真共有アプリのインスタグラムで一般人を装って投稿し、フォロワーを自社サイトに誘導していた。会社ぐるみのステマ発覚は異例。ネット広告業界は「新しい手法で見抜くのが難しい」と警戒している。

 商品をネット上で紹介し、閲覧者が買った場合に広告収入を受け取る仕組みは「アフィリエート広告」と呼ばれる。コストがかからず個人で手軽にできると人気だ。フライ社もアフィリエートが収益の柱という。サイトやブログに発信を依頼し、広告主から手数料を得るネット広告代理店(アフィリエート・サービス・プロバイダー=ASP)も存在する。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです