メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

スマホで心も視野も狭く?

スマートフォンを歩きながら操作すると、視野が狭くなる。操作する際には必ず立ち止まり、道路や歩道の真ん中、交通の流れを妨げる可能性のある場所を避ける=東京都千代田区で

 電車や駅の構内で迷惑な行為に直面したことはないだろうか。座席の座り方といった以前からあるトラブル要因に加え、スマートフォン普及の陰で「歩きスマホ」という新たな問題も起きている。公共の場では、マナーを守った使い方を身につけることが大切だ。

 ●電車内、突然激高

 今年4月、東京都杉並区の男性会社員(29)は通勤中、JR中央線の電車内でスマホゲームに熱中していた男性に手荷物を当ててしまった。次の瞬間、男性はスマホから目を上げ「いってえな! お前、何ぶつかってんだよ」と激高。胸ぐらをつかまれ、戸惑いながらも「すみません、すみません」と謝って、場をやり過ごした。この記憶を思い返すたび、恥ずかしさや腹立たしさに加えて、一つの感情が込み上げる。「当たったことは悪かった。だが、公共の場でそこまで怒ることなのか?」と。

 電車のドア付近に陣取る▽乗り降りの時に押してくる▽リュックサックが邪魔▽座席を詰めて座らない--。老若男女が利用する電車内や駅構内では、さまざまな迷惑行為が横行し、時にはケンカや暴力に発展するケースもある。

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文2056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです