アメリカンフットボール

悪質タックル 「日大とは信頼崩壊」 関学大「疑念解消できず」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日大の反則行為で、記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(手前)と小野宏ディレクター=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後1時57分、小出洋平撮影
日大の反則行為で、記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(手前)と小野宏ディレクター=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後1時57分、小出洋平撮影

 アメリカンフットボールの日大-関学大定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で日大守備選手が反則行為を重ねた問題について、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターは17日、日大に対する不信感をあらわにした。関学大が抗議文(10日付)で求めた「反則プレーに至る経緯やそれまでの指導内容などを含めたチームとしての見解」が盛り込まれず、真相究明には程遠い内容の日大の回答に加え、内田正人監督ら責任者から謝罪のない現状に小野ディレクターは「両校はライバルとして深いつながりがあるが、今は決定的に信頼関係は損なわれ、完全に崩壊している」と断じた。

 問題の反則プレーについては既に複数の関係者が「監督の指示」と明かしており、「最初のプレーでQBを壊せ」などと指示していたという。しかし、日大の回答では内田監督の発言内容を具体的に記さないまま、「選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」「試合前ミーティングでの監督の発言は、規則に違反して相手選手を負傷させる意図は全くなく、選手全員に『厳しさ』を求め、士気を上げるため」などと釈明している。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1361文字)

あわせて読みたい

注目の特集