メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 「日大とは信頼崩壊」 関学大「疑念解消できず」

日大の反則行為で、記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(手前)と小野宏ディレクター=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後1時57分、小出洋平撮影

 アメリカンフットボールの日大-関学大定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で日大守備選手が反則行為を重ねた問題について、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターは17日、日大に対する不信感をあらわにした。関学大が抗議文(10日付)で求めた「反則プレーに至る経緯やそれまでの指導内容などを含めたチームとしての見解」が盛り込まれず、真相究明には程遠い内容の日大の回答に加え、内田正人監督ら責任者から謝罪のない現状に小野ディレクターは「両校はライバルとして深いつながりがあるが、今は決定的に信頼関係は損なわれ、完全に崩壊している」と断じた。

     問題の反則プレーについては既に複数の関係者が「監督の指示」と明かしており、「最初のプレーでQBを壊せ」などと指示していたという。しかし、日大の回答では内田監督の発言内容を具体的に記さないまま、「選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」「試合前ミーティングでの監督の発言は、規則に違反して相手選手を負傷させる意図は全くなく、選手全員に『厳しさ』を求め、士気を上げるため」などと釈明している。

     これに対し、鳥内監督は「選手との乖離というなら、最初の反則で選手をベンチに下げ『求めている厳しさはそれではない』と言うべきだ」と主張。「そういう厳しさをチームに求めたなら、みんながああいうプレーをするはずだが、やったのは1人だけ」とも指摘し、回答内容に納得していなかった。さらに「あの監督のもとにコーチがいる。(監督に)意見を言えない可能性がある。それで学生を守れるのか疑問。受け入れられない」と日大指導陣全体を非難した。

     小野ディレクターも「反則行為を監督・コーチが容認していたと疑念を抱かざるを得ない」として「日大が自浄能力を持って真相を究明し、関東学生連盟もきちんと調査してほしい」と訴えた。

     負傷したQBは右膝軟骨損傷などで全治3週間と診断され、後遺症などは残らない見込みだが、現在も練習に復帰していない。刑事告訴など法的措置の可能性について小野ディレクターは「本人や家族が決めること」と否定しなかった。

     大学日本一を決める毎日甲子園ボウルの優勝回数は関学大が歴代最多28回、日大は同2位の21回。内田監督は昨年12月の同ボウルで日大を27年ぶりの優勝に導いた。【来住哲司、倉沢仁志】


    日大のアメフット選手による反則タックル問題の経緯

    <5月>

     6日 日大と関学大の定期戦で日大の守備選手が、パスを投げ終えて無防備な関学大QBに背後からタックルし、全治3週間のけがをさせる

    10日 関東学生連盟が日大守備選手の対外試合出場禁止と日大の内田正人監督への厳重注意処分を発表。日大は部のホームページに謝罪文を掲載。内田監督は関東学連に8月末までの指導自粛などを申し入れる

    12日 関学大が会見し、日大に反則行為の見解と謝罪を求める抗議文を10日付で送付したと公表

    14日 法大、東大、立教大が選手の安全が担保されないことを理由に日大との春季オープン戦を中止

    15日 日本協会の国吉誠会長がスポーツ庁に対応を説明。日大は反則行為の指示を否定する回答文書を関学大に届ける

    17日 関学大が会見し、日大の回答を「誠意あると判断しかねる」などと批判。明大、成蹊大も日大との試合を中止

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]