メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル回答 日大、監督指示を否定 乱暴行為教えていない/指導の真意伝わらず

日大の反則行為で、記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(奥)。手前は小野宏ディレクター=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後2時27分、小出洋平撮影

 関学大アメリカンフットボール部は17日、鳥内秀晃監督(59)らが兵庫県西宮市内で記者会見した。日大との定期戦(6日、東京)で選手が相手から悪質なタックルを受け負傷したことへの抗議文(10日付)に対する回答書を「疑問、疑念を解消できていない」と批判した。日大が24日までとした再回答を踏まえ、対応を決める。【来住哲司、村上正】

 日大は17日夜、責任者が謝罪のため関学大を訪問する考えを明らかにした。

 日大は回答書で反則行為を謝罪した。そのうえで「意図的な乱暴行為などを選手へ教えることはない。指導方針は『厳しさ』を求めるものだが、選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きた」と、内田正人監督(62)が反則行為を指示したことを否定した。

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです