メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

人生の恩返し先は? 「最期のお金 社会の役に」遺贈寄付

遺贈先を選ぶイメージ イラスト・かみじょうりえ

 高齢になり、これまで蓄えてきたお金の一部を死後に「社会のために役立ててほしい」と考える人が増えている。遺言で財産を非営利団体などに寄付する行為を「遺贈寄付」という。有名な団体だけではなく、地域で活動するNPOにも目を向けてもらおうと“寄付の橋渡し”をする「コミュニティ財団」も相談窓口を広げつつある。手続きや寄付先の決め方など遺贈寄付の現状を取材した。【反橋希美】

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2796文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. 水上特攻艇「震洋」 造った元船大工「国のため」信条曲げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです