メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

反則タックル問題 日大指導陣全体を非難 関学「信頼 完全に崩壊」 真相究明程遠く

日大の反則行為で、記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(奥)。手前は小野宏ディレクター=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後2時27分、小出洋平撮影

 アメリカンフットボールの日大-関学大定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で日大守備選手が反則行為を重ねた問題について、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターは17日、日大に対する不信感をあらわにした。関学大が抗議文(10日付)で求めた「反則プレーに至る経緯やそれまでの指導内容などを含めたチームとしての見解」が盛り込まれず、真相究明には程遠い内容の日大の回答に加え、内田正人監督ら責任者から謝罪のない現状に小野ディレクターは「両校はライバルとして深いつながりがあるが、今は決定的に信頼関係は損なわれ、完全に崩壊している」と断じた。

 問題の反則プレーについては既に複数の関係者が「監督の指示」と明かしており、「最初のプレーでQBを壊…

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです